地上権とは何か

借地権には賃借権と地上権が存在しています。賃借権は建物の持ち主に対して家賃を支払うことによって、支払った人である借り主に与えられる権利になるのですが、もう1つの地上権というのはどのようなものなのでしょうか。賃借権は家賃を支払った人に対して与えられる権利なのに対して、地上権というのは人ではなく物件に対して与えられている権利になります。

そのため、大半の人は賃借権には関係しているものの、地上権は関係していないと言えるでしょう。よって借地権というと賃借権の方を指すことが多いのです。他にも地上権と賃借権の違いが存在しているのですが、それは登記です。地上権は物件に関係していると触れましたが、いくら家賃を支払ったとしても、建物自体は大家の所有物となります。そのため、地上権を持つ大家は登記を行う義務があるのです。

逆に借り主には関係のないことなので、登記を行う必要はありませんし、登記をすることはできません。このように借地権であっても、種類によって意味が変わってきてしまうので、よく覚えておく必要があるでしょう。特に地主の人はとても重要なことなので、賃貸住宅など土地を貸す場合には、多少であっても借地権のことを勉強しておく必要があります。

賃借権を理解する

借地権の一種であるとも言える賃借権ですが、そもそも賃借権とは何なのでしょうか。賃借権というのは、簡単に言えば家賃などを支払うことによって得られる借り主の権利のことを指します。現在では政治家の悪政によって生活が苦しくなってしまい、自分の家を持てないという人もかなり多いと言えるでしょう。そのため、安い賃貸住宅が人気となっています。

賃貸住宅に住むためには、土地や建物の持ち主である大家に対して家賃を支払う義務があります。そうすることでその部屋は自分がある程度自由に何でもできるようになるのですが、共有スペースや元からあった物に対して何かを勝手に行うことはできません。このように家賃を支払うことで初めて賃借権というのが借り主に与えられるのですが、賃借権を持っている借主に対して、大家が何かを自由にできるということはありません

また、賃借権を勝手に第三者に対して譲渡することはできませんし、正当な理由がないのに賃借権のある人に対して退去を命令するようなことも通常はできません。賃借権は賃貸住宅を借りる人も覚えておくべきなのですが、実際には知らない人が多くなっています。もしトラブルが発生した場合などに、賃借権のことを知っていると便利だと言えるでしょう。

借地権の意味

借地権と言われても、何のことだかわからないという人も多いでしょう。借地権というのは、建物を所有する目的で家賃などを支払い、他人が所有している土地を借りて利用するための権利のことを指します。細かく分けると地上権や賃借権のことになると言えるでしょう。特に賃借権は多くの人が関係しているのですが、借りる方は特に知らなくてもそれほど問題はありません。

しかし、貸す方にとっては重要なことなので、まずは借地権の意味をしっかりと理解しておく必要があります。その上で地上権賃借権について知っておくのがよいでしょう。また、「借地権 無料相談ドットコム」のサイトを参考にすると、平成4 年8 月1 日に制定された「借地借家法(新法)」により旧借地法のときよりもかなり厄介な内容になっているので、一般の人の場合には、さらに理解するのが難しくなったと言えるでしょう。

借地権の種類は多数ありますがそのほとんどは「賃借権」です。この中で建物を所有するための賃借権が先ほどの新法が適用になっています。ちなみに新法以前の契約は旧法が適用されます。

種類が増えてしまった借地権ですが、簡単な意味や特徴ぐらいは覚えておくのがよいでしょう。現在ではこの新しい借地権が適用されているのですが、今後また法改正が行われる可能性がないわけではありません。

借地権の種類

借地権と言ってもいろいろな種類があるので、まずはどのような種類があるのかを知っておく必要があります。かなり専門的なことなので、あまり一般の人には関係のないことでしょう。借地権というのは、簡単に言えば不動産に関係していることなので、持ち家や所持している土地がない人にとっては無縁だといっても過言ではありません。しかし、地主や借地人などは必ず知っておくべきことなので、きちんと勉強しておく必要があるでしょう。

不動産屋に任せてしまえばよいという考えの人もいるでしょうが、近年は悪徳業者やブラック企業など、あまり評判がよくないような会社も存在しています。信頼できる不動産屋であれば完全に任せてしまってもよいでしょうが、やはり自分でもある程度の知識は身に付けておくべきでしょう。そうすることでトラブルの防止にも繋がってくるのです。しかし、どのように借地権の種類を知ればよいのかというと、本を購入する方法が一般的でしょう。

本を購入しても、そのまま読まないで放置してしまう人もいるでしょうし、本を購入する予算もあまりないという人もいると思います。このような場合には、インターネットで調べるべきです。現在ではインターネットでも、ある程度借地権について調べることができるので、種類を知るぐらいであれば問題なく知ることができるでしょう。当サイトでは借地権の種類についていろいろな情報を記載しているので、よければ参考にしてみてください。