地上権とは何か

借地権には賃借権と地上権が存在しています。賃借権は建物の持ち主に対して家賃を支払うことによって、支払った人である借り主に与えられる権利になるのですが、もう1つの地上権というのはどのようなものなのでしょうか。賃借権は家賃を支払った人に対して与えられる権利なのに対して、地上権というのは人ではなく物件に対して与えられている権利になります。

そのため、大半の人は賃借権には関係しているものの、地上権は関係していないと言えるでしょう。よって借地権というと賃借権の方を指すことが多いのです。他にも地上権と賃借権の違いが存在しているのですが、それは登記です。地上権は物件に関係していると触れましたが、いくら家賃を支払ったとしても、建物自体は大家の所有物となります。そのため、地上権を持つ大家は登記を行う義務があるのです。

逆に借り主には関係のないことなので、登記を行う必要はありませんし、登記をすることはできません。このように借地権であっても、種類によって意味が変わってきてしまうので、よく覚えておく必要があるでしょう。特に地主の人はとても重要なことなので、賃貸住宅など土地を貸す場合には、多少であっても借地権のことを勉強しておく必要があります。