借地権の意味

借地権と言われても、何のことだかわからないという人も多いでしょう。借地権というのは、建物を所有する目的で家賃などを支払い、他人が所有している土地を借りて利用するための権利のことを指します。細かく分けると地上権や賃借権のことになると言えるでしょう。特に賃借権は多くの人が関係しているのですが、借りる方は特に知らなくてもそれほど問題はありません。

しかし、貸す方にとっては重要なことなので、まずは借地権の意味をしっかりと理解しておく必要があります。その上で地上権賃借権について知っておくのがよいでしょう。また、「借地権 無料相談ドットコム」のサイトを参考にすると、平成4 年8 月1 日に制定された「借地借家法(新法)」により旧借地法のときよりもかなり厄介な内容になっているので、一般の人の場合には、さらに理解するのが難しくなったと言えるでしょう。

借地権の種類は多数ありますがそのほとんどは「賃借権」です。この中で建物を所有するための賃借権が先ほどの新法が適用になっています。ちなみに新法以前の契約は旧法が適用されます。

種類が増えてしまった借地権ですが、簡単な意味や特徴ぐらいは覚えておくのがよいでしょう。現在ではこの新しい借地権が適用されているのですが、今後また法改正が行われる可能性がないわけではありません。